電脳馬券作戦

バックナンバー

[先月] [目次] [来月] [最新版] [トップ]

2019年11月4日(月) 今日の馬券

★JBCクラシック

帝王賞連対の3オメガパヒュームと8チュウワウィザードが抜けている
2強に割って入る可能性があるのは、東京記念勝ちの4ストライクイーグル、
地方重勝連勝中の7アンデスクイーン、前走シリウスS勝ちの9ロードゴラッソ

9番が前走破ったアングライフェンは、ブリリアントSで7,4番を破っているが、
スレイブニルSで7番に破れているので、順列では9−7−4番

小回りで直線の短い浦和コースでは自在性に欠ける3番は不利で、左周りで連対もなく不安で、
軸は8番

馬連8→3,千円 8→4,7,9各五百円
三連複8=(3,4,7,9)BOX各三百円
三連単8→(3,4,7,9)2,3着BOX各二百円
複勝勝負は交流重勝では辛い

2019年11月9日(土) 今日の馬券

★武蔵野S

近10年のデータから、56k以下の1人気牡馬は(3/2/1/0)で朝一オッズで
1人気5エアアルマスは最有力ですが、東京コース初なので全幅信頼とまでは
いかないでしょう

連対馬18/20頭は東京ダートで勝ちありですが、17年15人気3着アキトクレッセント
の様に千四ダートで全5勝あげてる馬でも東京マイルOP3着があれば馬券になるわけで
同馬はグリーンCH4着から着順を上げており、昨年の1,3着馬も同組だったことから
前走グリーンCH勝ち馬の14アディラートはヒヤシンスS2着、その後青梅特別で
昨年ここ2着のクイーンズサターンとクビ差2着の実績から11人気でも侮れません

ユニコーンS2着3デュープロセス、7歳でもフェブラリーS3着のある16カフジテイク
中京記念勝ちでダート2戦2勝の1グルーヴィットが圏内です
昨年勝ち馬の11サンライズノヴァは59Kでは見送りです

馬連5→1,3,14,16各五百円 ワイド14−1、3、5,16各三百円
三連複5、14の1頭軸=(1,3,5,14,16)BOX各二百円9点
三連単5→(1,3、14,16)2,3着付け各百円12点
複勝勝負は、5番はリスク高く敢えて買うなら14番を少々



2019年11月10日(日) 今日の馬券

★エリ女

近10年のデータから
連対馬のローテは中3〜8週で、更に前走の上がりタイムが出走馬で最速だと
3着止まりで、前売りオッズ1人気の11ラヴズオンリーユーは4戦全勝の上がりも
全て最速で、オークス以来の休み明けだけにここは3着止まりか
1人気は(1/3/3/3)と複勝率70%だが、消えた3頭は、いずれもG1勝ちがありながら
何故かG2勝ちが無くて、11番も危険信号

同様に16スカーレットカラーも府中牝馬Sを上がり最速で勝っていて危険
むしろ2年連続で6クロコスミアが人気薄でも先行して2着している様に
先行粘り込みがこのレースのポイント
ただ同馬は今年6歳でこのレースは3,4才馬の独壇場だけに危険信号

先行して押し切るタイプでは、現役最強馬アーモンドアイに桜花賞で0.3差2着
オークスで0.6差3着している2ラッキーライラックとオークスと秋華賞で
前目の追走から抜け出すレースで3,1着の8クロノジェネシスが有力

絞ればこの5頭で、2と8番の2頭から

馬連(2,8)→6,11,16各五百円7点
三連複(2,8)1頭軸=(6,11,16)各三百円9点
三連単(2.8)→(2,6,8,11,16)2,3着BOX各百円24点
複勝勝負は、2か8番かで大いに悩むが、3着を外していない8番を選びたい
ただしいつもの半分で


★WIN5--------------------------------------------------------------


東京10R ◎6ルガールカルム
      ○10ウインドライジズ
      ▲9アバルラータ

京都10R ◎8エスポワール
      ○13ゴータイミング
      ▲9イエッツト

福島11R ◎5レッドローゼス
      ○8マイネルファンロン
      ▲4アドマイヤジャスタ

東京11R ◎7ショウナンライズ
      ○8ラヴィングアンサー
      ▲9ジョイフル 
      ▲16プールヴィル

京都11R ◎2ラッキーライラック
      ◎8クロノジェネシス


※絞り込み条件で◎○絡みで32点+▲から◎へ10点
=42点

2019年11月17日(日) 今日の馬券

★マイルCS

マイルG1だけあってやはり強いのはマイルG1好走馬で、13年こそ春天2の
トーセンラーが勝ちだが、11年以降毎年朝日杯FSや安田記念、NHKマイルC
などマイルG13着以内馬が連対

前傾ラップの年は概ね典型的マイラーが強く、後傾ラップの年は千八以上のG1,2
好走馬が強い
近10年、後傾Sの09年は秋天1カンパニー、前傾H10年は高松記念0.0差3着
エーシンフォワード、H11年朝日杯1,2着が連対、S12年皐月2サダムパテック勝ち
S13年上記、H14年安田3ダノンシャーク勝ち、S15年安田1モーリスはそれまで
千八以上の重賞好走無かったがその後海外G1連勝から秋天勝ちなど中距離実績も含めて
当時の最強馬で例外、H16年NHKマイル1ミッキーアイル勝ち、H17年朝日杯2
エアスピネル2着、勝ち馬ペルシアンナイトは皐月2だったが、S18年でも2着と
万能性を見せている。勝ち馬ステルヴィオは朝日杯2あったが、前走毎日王冠2もあった

今年の出走馬でハナを切りそうなのは、マイラーズC、安田記念でハナを切った
2グアンチャーレだが、それぞれ36.0-32.5で2着と34.8-33.9で0.2差4着とペース落として
逃げるタイプで、番手マークも3マイスタイル、5インディチャンプ、10アルアイン
14ダノンプレミアム共に競っていくタイプでは無く、後傾ラップ必至
となれば内枠先行優位(昨年1→2→3番など典型)

そして中距離重賞好走馬が優位で、該当はダービー2着1ダノンキングリー、
後傾ラップの昨年2,3着の7ペルシアンナイトと10アルアイン、秋天2着
14ダノンプレミアム
前傾の昨年勝ちの安田記念は今年は後傾ラップで負けた12モズアスコットは
やはり今年も苦戦必至で押さえまで
むしろ安田勝ちの5インディチャンプは内枠だけに外せず、スワンSでは控えて負けた
3マイスタイルも前々で運べればチャンス有り

軸は内枠からならやはり1番だが、マイル重賞連対が無いのが唯一不安で、逆に1人気
9連敗中の14番もデータでは2着止まり。
12年以降は3,4人気が毎年連対なら5番も軸候補

馬連(1,5)→(3,7,10,12,14)各三百円11点
三連複(1,5)1頭軸=(3,7,10,12,14)各二百円25点
三連単(1,5)→(1,5,14)→(1,3,5,7,10,12,14)
フォーメーション各百円20点
複勝勝負は、難解過ぎて勝負不可能だが敢えて買うなら当該コースで3着外していない
7番へ少々
≫≫馬連5−14,840円
三連複5→14→7,3200円、三連単16580円
複勝7番290円
・・・・・・★結局はマイル重勝勝っていない1,3,10番は圏外、昨年3番で3着の10番も外目では辛かった

2019年11月23日(土) 今日の馬券 儲かる

★東京10R 銀嶺S

G1はエリ女、マイルCSと三連単万馬券連続的中で絶好調と調子乗って
沢山予想してみました(笑)

ハンデ戦過去2年だけのデータから
ポイントは、当該コース適性、現級実績、前走好調、馬印2◎と5★、DI値2位
ローテ中3〜6週、最後に重不良馬場適性

連対馬の前走は8/10頭が当該コースで1頭は東京千三、勝っているか0.9差以内
か1人気

以上のデータから圏内は、1レッドルゼル、2ブルベアイリーデ、16アーバンイェーガー
次いで7イダペガサス、10アームズレングス、更に11ヴァイトブリック、
12スピーディクール
なお14マイウェイアムールは、Hペースでも先行して粘り込むタイプで外枠では辛く
内枠に戻って良馬場で狙いたい
また穴人気の8タガノアムもクラス上がって足らないレース振りで、千二以下の時計の掛かる
馬場でならという感じ

重不良のスピード勝負で前が止まらないとなれば、中段より前へ付けて直線は好位から
抜け出す展開で、そうなれば優位は2,16,1,10,7番の順か

馬連(2,16,1,10,7)BOX各三百円10点
三連複(1,2,16)2頭軸=(7,10,11,12)BOX各二百円
三連単((1,2,16)→(1,2,7,10,16)→(1,2,7,10,11,12,16)
フォーメーション、ただし2番は必ず入れて36点
複勝勝負は、2番どうするか悩むところだがハンデ戦だけに見送りだが
リスク取りたい方は2倍以上つくなら敢えて火中の栗を拾う手もあり


★京都2歳S

前走千八〜二千好走馬が狙い目で、2戦2勝の4ロールオブサンダーと8マイラプソディ
の一騎打ちで、3着に牝馬だし前走未勝利勝ちだし馬体小さいが、レコード勝ちは侮れず
6ミヤマザクラが押さえです

馬連8→4,千円、ワイド三千円
(三連複8→4→6、千円)


★東京11R キャピタルS

過去5年のデータから、連対馬は全て前走重賞組で1.1差以内、特にG2(3/0/0/3)
OP組は全滅で、準OP勝ちは3着まで、牝馬も全滅
前走千四〜千八で、二千以上は3着まで

圏内は、3アンノートル、7コスモイグナーツ、15ドーヴァー
押さえに4レッドヴェイロン、14サトノキングダム
毎年3歳が3着以内なので12ケイデンスコールも押さえに
軸は唯一前走G2京王杯で0.4差の15番

馬連(3,4,7,12、14,15)BOX各百円15点
三連複15=(3,4,7,12,14)BOX各百円


2019年11月24日(日) 今日の馬券 京阪杯も当たる

★JC

1人気(3/3/2/2)で消えた2頭は外国馬と3連覇の懸かったジェンティルドンナで4着に
惜敗、前売り1人気の2ワグネリアンには有利なデータ

3着以内に入らなかったのは16年のみの秋天組が有力なステップレースだが、今年は
1〜3着馬も1〜3人気馬も不出走で、過去86年以降では該当した93年はレガシーワールド
94年マーベラスクラウンが勝ち、95年はヒシアマゾンが2着しているが、3頭とも
前走京都大賞典連対馬で、今年のメンバーでは10ダンビュライトが該当するが、
上記3頭は前走3人気以内で、10番は前走6人気と低評価だった

秋天、JC連勝馬が居ない様に、秋天を勝った反動がJCで出るらしく、むしろ惜敗組
が巻き返すケースが多い。
その典型の15年は、勝ったショウナンパンドラが秋天0.2差4着、2着ラストインパクト
が0.8差12着。秋天勝ち馬ラブリーデイが3着。
ショウナンパンドラは宝塚記念0.2差3着があり、ラストインパクトには春天0.2差4着
有馬記念0.2差7着など惜敗の実績があった

秋天組では最先着は4着6ユーキャンスマイルだが、0.6差で、菊花賞こそ0.2差3着だが
春天は1.5差5着と惨敗してる
0.6差5着2ワグネリアンは、ダービー馬で、大阪杯0.1差3着。
0.9差7着5スワーヴリチャードは、ダービー2着馬で、有馬記念0.2差4着、
大阪杯勝ち、昨年JCは0.9差3着だった
1.4差10着のマカヒキは3着以内の無い6才馬で消し

一方牝馬は(5/2/2/15)と牡馬より優位で、1カレンブーケドールは、オークス2と秋華賞2
がありオークス3着しか無かった13年2着デニムアンドルビーより実績は上でチャンスあり
オークスの走破タイム2.22.8は、ダービーでは3着に相当で斤量が2K減で牡馬とも遜色ない

現役最強馬アーモンドアイは、昨年JC勝ちで、0.3差2着キセキ、
0.9差3着スワーヴリチャード、同タイム4着に11シュヴァルグランで、
そしてキセキとの力関係では、有馬記念ではキセキに先着している8レイデオロと
11番が優位で11番は今年7歳だが17年の勝ち馬で3着なら可能性有り
その後大阪杯ではクビ差の2番、宝塚記念で0.3差の5番
舞台は違えど着差だけで順列付けすると、8ー2−5−6−11か

今年は3歳牡馬の出走が無く比較が難しいが、ダービーで0.5差4着のサートゥルナーリア
が秋天で0.9差6着と5番と同程度と考えると、1番は単純に斤量2K減で0.3縮めるとなると
少なくとも2番には並ぶ勘定となり有力
また2と6番の比較では、秋天で6番が内枠で有利だったのに対して2番は外枠で、
今回は2番が有利な内枠で上回るはず

馬連(1,2,8)→(5,6)各五百円9点
三連複(1,2,8)1頭軸=(5,6)ー4,11各二百円31点
三連単1番マルチ→(2,8)→(2,4,5,6,8,11)各百円22点
複勝勝負は普通でも2か8番で悩むところで超難解だが、敢えて1番を少々買う手も
≫≫馬連5−1,2900円 三連複5−1−2,2900円 三連単19850円
6番は追い込み脚質からもっと狙いを下げるべきだった
宝塚記念の着差から8番より5番をもっと上にあげても良かった
やはり年明けのG1の成績を重視すべき
5番ドバイ3,宝塚3 1番オークス2,秋華賞2 2番大阪杯3 に対して
8番はドバイ6,宝塚5 6番春天5 


※京阪杯
単オッズ2倍以上の1人気は消し
スプリンターズS組は苦戦
キーンランドS、アイビスSD上位と準OP勝ち
オパールS上位で斤量減
千四勝ち実績

[先月] [目次] [来月] [最新版] [トップ]

Akiary v.0.61